女の人

美大の受験を受けて合格するコツ|芸術の登竜門

学部によってかなりの違い

レディ

平均額はあくまで目安

大学に行く時は子供自身の受験ももちろん大変ですが、親としては学費のことも気になります。一般的には国立より私立のほうが高い傾向にありますが、最近は値上げをしている国立もあるので、一概には言い切れません。入学金については国立・私立ともに25〜30万円の所が多いです。しかし授業料については、学部によってかなりの開きがあります。1年間の授業料で比較すると、国立は50万円前後で済みますが、私立理系だと100万円以上となり、医薬歯科なら200万円以上ということもあります。同じ系統の進路でも、大学費用は大きく違うこともあるので事前に調べておきましょう。平均額を鵜呑みにすると、諸経費などでお金がかかって驚くことがあります。特に医薬歯科では大学費用が多めにかかります。6年間というだけでも大変ですが、実習代や専門書の購入などで臨時出費が重なることもあるようです。また、医療系は必修科目や実習が多いため、子供本人がバイトで稼ぐというのもなかなか難しいかもしれません。また大学費用のことで、忘れてはいけないのが受験料です。大学に入ってからのお金を心配しがちですが、実は受験料もそれなりにかかる場合があります。国立の場合はセンター入試で1〜2万、2次試験では2万円前後かかるのが平均です。私立の一般試験では3万円以上かかることも多く、医療系だとそれ以上になります。自宅から遠い所で受験する場合は、交通費や宿泊代もかかりますので、様々なことを視野に入れて大学費用を準備しましょう。また事前に奨学金や学費ローンを申し込んでおけば、このような出費にも対応できます。